法人向けサービス

法人向けサービス

美術資産のマネージメントに関してアドバイスをしてくれるコンサルタントはいるでしょうか。
「法人所有の美術品があるのだけど、資産としての価値もわからないし管理が大変だ。美術品の業界には詳しくないので、どこに依頼したらよいかもわからない」 ーこのように、美術品の管理についてお困りの法人様が非常に多いことかと思います。

例えば企業会計における美術品の資産価値。
帳簿価格のままで計上されていることが多いかと思われますが、ご所有美術品の時価評価額をご存知でしょうか。
過大な保険を掛け続けている例を非常に多く見かけます。

私どもShinwa Auction株式会社は日本最大のオークションを企画運営する「総合美術コンサルティング会社」として、これまで数々の法人様の美術資産を取り扱ってきた実績があります。
オークションで培った膨大なマーケットプライスデータと信頼の実績が、美術資産の時価評価を始め、必ずや貴社にベストアドバイスを提供できるものと確信しております。

美術資産のマネージメントを成功させる秘訣。
それは、「よきパートナー選び」にあるのではないでしょうか。


上場法人・大手企業の取扱実績が豊富

Shinwa Auctionでは、これまで多くの上場法人様との取引をさせていただき、高い評価をいただいております。
守秘義務の関係上、具体的な内容等はお教えすることができませんが、実際の取引をイメージしていただくために、ある上場法人様のケーススタディをご紹介します。

ケーススタディー(ある上場法人様の場合)
5月22日倉庫閉鎖のため、所蔵美術品についてどうすべきかの相談を受ける
5月26日訪問の上、プラン(時価査定の後、売却の検討等)を説明。
美術品リスト(735点を受け取る)
6月3日, 4日専門スタッフ8名で訪問。査定調査業務を実施
6月12日「査定結果報告書」および「売却に関しての提案書」を報告
7月7日, 18日2日に分け、美術品全点を搬出
7月23日リザーヴプライス(最低売却価格)の提案
8月22日販売委託契約締結
9月6日~オークション3部門にて売却。落札予想価格(下限)54%増で落札
9月30日落札明細および精算明細を報告
10月14日手数料等を差引き、指定口座に入金

オークションスケジュール

メールマガジン